リモートワーク(在宅勤務)におすすめの便利アイテム5選!仕事の効率化を目指そう

皆さまご無沙汰しております。コロナで大変な時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。

おそらくリモートワーク(/在宅勤務/テレワーク)をされている方も多いかと思います。私も2月から在宅で仕事をする日々を送っています。

普段オフィスに出社して仕事をしている人にとっては、慣れないリモートワークをしていると、どうしてもオフィスで仕事をするシーンとは違った悩みが出てくるかと思います。特に「家の安い椅子に座りぱなしで腰が痛い」「テレビ会議の音質が悪い」「生活音や近隣の工事音が邪魔で作業に集中できない」といった、いわゆるリモートワークならではの作業環境に起因する悩みに頭を抱えていらっしゃる方も多いかと思います。

 

そこで今回は、私が実際にリモートワークをする中で買ってよかったと思ったおすすめアイテムを紹介していこうと思います。リモートワークを開始したのが早かった分色々試行錯誤しながら集めたグッズや、元々持っていたもののリモートワークで更に必要性が増したものなどを中心に紹介しているので、少しでもお役に立てればと思います!

 

高級オフィスチェアの中古品を狙え

リモートワークを始めた時に真っ先に挙がる悩みのひとつが、「長時間硬い椅子に座り続けることで腰を痛めてしまう」ことだと思います。私の場合はニトリで購入した4000円の折りたたみ椅子で1ヶ月近く作業をしていたところ、あまりにも腰とお尻が痛すぎて、ある朝ベッドから全く起きられなくなってしまいました…

そんな私に Twitterのフォロワーさんがオススメしてくれたのが高級オフィスチェアの中古品。特にオカムラのバロンチェアやハーマンミラーのアーロンチェアなどが有名ですが、このような定価10万を超す高級オフィスチェアでも、中古で購入すれば2~3万円ほどで手に入れることができます

 

私はオフィス用品専門店で試し座りして気に入ったこちらの「イトーキ エフチェア」を購入しました!

購入を検討している方は
楽天市場でイトーキエフチェアを検索

 

イトーキ エフチェア

(写真は公式サイトから)

オフィスチェアは通常の家庭用チェアと異なり耐用年数が長めに製造されており、物持ちが非常に良いです。そのため、1万円前後の家庭用チェアを1~2年ほどで使い捨ててしまうよりも、プラス数万で10年選手の椅子を手に入れられて、圧倒的生産性を手に入れられると思えば、コスパも抜群だと思いませんか?

 

https://twitter.com/sunteam097/status/1246735535437041664?s=20

 

私はイトーキのエフチェアに長い時は1日18時間ほど座っていますが、腰やお尻を一切痛めたことなく、座り心地も良いため長時間集中して作業をすることができるようになりました。椅子は課金すればするほど快適になりますので、ぜひこの記事をお読みの方にもイチオシです。

ちなみに高級椅子の定番バロンチェアも中古で買えば3万円ほどととってもリーズナブル。座った瞬間の圧倒的気持ち良さを皆さんも是非感じてみてください。

購入を検討している方は
楽天市場でオカムラバロンチェアを検索

 

(写真は公式サイトから)

座りっぱなしでもクッションで腰痛予防

もし「中古品であっても高級オフィスチェアは予算的に高くて買えない…」という方でも、腰を痛めないためにコスパの良いクッションを準備しておくのが良いでしょう。

 

私は Amazon でこちらの商品を購入し、イトーキのエフチェアの上に乗せて使っています。

IKSTAR 第四世代 ヘルスケア座布団 低反発クッション ブラック
IKSTAR

リーズナブルな値段ですが低反発で座り心地がよく、メッシュ素材なのでこれからの蒸し暑い時期でも快適です。普段椅子にそのまま座っている方、勿体無いので、この機会にぜひ座り心地をアップデートしてみましょう。

 

ノイズキャンセリング付きイヤホン(ヘッドホン)で集中力アップ

リモートワークにおいては家の中で作業しているため、どうしても作業中に生活音や近隣の雑音が耳に入ってきてしまうことがあると思います。特に子供さんがいらっしゃるご家庭や、ペットの犬や猫の鳴き声がするお家の人、あるいは私のように家の近くで長期間の工事が施工されている人などにとっては(朝は工事のドリル音で目が覚めます…)、ノイズキャンセリングイヤホンはもはや必須と言ってもいいでしょう。

ノイズキャンセリングイヤホン(ヘッドホン)とは?

ノイズキャンセリングイヤホンは、聞いている音楽だけを残して、外部音を遮断する機能が搭載されているイヤホン(ヘッドホン)のことです。イヤホンに内蔵されたマイクで周囲の騒音を集音し、逆位相の音を出すことで、あらゆるノイズ音を低減できる仕組みになっています。最近ではワイヤレスのものも多く販売されているため、「音楽をかけずノイズキャンセリング機能だけを使う」といういわば耳栓のような目的で購入する人も増えています。

おすすめのノイズキャンセリングイヤホン(ヘッドホン)

もっとも有名なノイズキャンセリングイヤホンはApple の AirPods Proだと思います。Apple製品らしい洗練されたシンプルで高級感あるデザインで、販売当日から入手困難になるほど。

私が購入したのもこのAirpods Proです。 私はApple Storeで購入しましたが、実店舗が閉まっている現在、Amazonで購入するのが良いでしょう。在庫も確実にあるので、欲しい時に注文すれば多くの場合すぐに配達してくれます。

created by Rinker
Apple(アップル)

使ってみた感想としては、やはり噂に違わず圧倒的な音質とノイズキャンセリング力で、集中して作業ができるようになりました。あまりにもノイズが聞こえないので、家の外で使用する時には車のクラクションや自転車のベルの音に気づかない時があるほど。

 Apple の AirPods Proはやや値段が張るうえに、基本的にセールでも値下げはされませんが、以下のようにリーズナブルなノイズキャンセリング付きイヤホンもあります。

特に安価で高品質なデバイスを多く販売しているAnkerのこのイヤホンは評判が良く、安いのでオススメです。

家でもモニターでデュアルディスプレイ環境を実現

皆さんはデュアルディスプレイ作業( PC の画面に加えてもう一つ画面を用意して2画面で作業すること)しておりますでしょうか。エンジニア、コンサルタント、デイトレーダーの方などはよく利用する一方、全く利用したことがない、という人の方が多いかと思います。しかしあくまでも個人的な意見ではありますが、2画面で作業できるようになると体感で生産性が10倍くらいになるので、家で作業できる今だからこそ、デュアルディスプレイワーカーになってみることをお勧めします!

私はTwitterでフォロワーの方に教えていただいたこのiiyamaの21インチのディスプレイ(モニター)を購入しました。

リーズナブルなお値段ですが、軽くてディスプレイ(モニター)の写りが美しいため、非常に良い買い物でした。

なお私は持っているテーブルが非常に小さかったために21インチのディスプレイを購入しましたが、基本的には23 インチのディスプレイがあるとベターかと思います。

こちらですね。モニターアームもあると角度が柔軟に調整できて完璧です。

またiiyamaのモニターに限らずですが、Macの変換ケーブルがついていない場合がありますので、もしMacbookやMacbook Proを利用している人別途変換ケーブルを購入しましょう。ちなみに私が購入した上記のiiyamaのディスプレイでは、Macbook ProのType-CとHDMIの接続ケーブルが無かったため、ケーブルを購入しました。

スピーカーがあればオンライン会議も快適

リモートワークにおいては必然的にZOOM,Microsoft Teamsなどを利用したオンラインのビデオ通話になると思います。その際に発表者の声がうまく聞こえなかったり、逆に自分の発表がうまく聞き取れない、と言われてしまうことはないでしょうか。(私は結構ありました)

そんな時はやはりオフィス用のスピーカーを準備してしまうのも一手です。

もっとも有名なものはJabraだと思います。音質が良く、Bluetoothでも接続でき、音量の調整も簡単。少し値は張りますが信頼と安心の高クオリティです。おそらくオフィスで利用されている方も多いかと思いますが、実は個人でもAmazonで購入できます。

 

Jabraは値が張るのでちょっと…という方はAnkerのこちらもオススメです。電池の持ちが良く、コンパクトなサイズでコスパ抜群です。

 

番外編:スマートスピーカー(AIスピーカー)は仕事とプライベート両方で大活躍!

以上は私がリモートワークで仕事を集中して進めるために買い揃えたグッズの一部になりますが、番外編としてスマートスピーカーを紹介しておきたいと思います。

スマートスピーカー(AIスピーカー)とは

スマートスピーカーは内蔵されているマイクで音声を認識し、様々な機能を扱うことができるデバイスです。有名なものに Amazon が提供しているAlexa,Googleが提供しているGoogle Homeがあります。

 

日本ではまだまだ普及途中のスマートスピーカーですが、目覚ましから予定のリマインド、レシピの読み上げや商品の注文、音楽の再生など、できることのバリエーションは非常に広く、忙しいビジネスパーソンにとっては生活にプラスアルファの時間と利便性をもたらしてくれる強い味方です。もちろんリマインド機能や知りたい単語の検索機能、ニュースの読み上げやクイズ機能もありますから、仕事にも活用の余地がフルにありますね。

AlexaとGoogle Homeはどっちがオススメ?

実は私は訳あってAmazonが提供するAlexaとGoogleが提供しているGoogle Homeの両方を保有しているのですが、基本的には1家に1台持っているだけで十分かと思います。

ではどちらが良いのか、という話ですが、Prime会員になっている方であれば、基本的にはAmazonの方がオススメです。スマホのAmazonアプリを開くことなくPrime商品を注文したり、Amazon Music Unlimitedに加入して音楽を再生したり、Audibleで最近話題の本の読み上げをしてもらったりと、すっかり欠かせない存在です。

私が持っているのは第三世代のEcho dot。最新版ではありませんが、安価で機能も最新版とそこまで差はないので、愛用しています。

音声の読み取り機能が弱く、発言をきっちり認識してくれないことがたまにあるのはご愛嬌。その点遠くからでもしっかり音声を認識してくれるGoogle Homeの方が良いな、と思うことはあります。

Google HomeではAmazon系のサービスを利用することはもちろんできませんが、Youtube Musicの音楽を再生する、電車のルートを検索する、知りたい単語のWikipediaを読み上げさせるといったGoogleの圧倒的検索能力を感じることができる機能がたくさん搭載されています。

どちらがいいかは完全に好みの問題だと思うので、皆さんもどちらかを家に1台、迎え入れてみてはいかがでしょうか。

 

部屋の環境を整えて快適なリモートワーク生活を送ろう

今回はリモートワークにおいて私が買って良かったと思ったものを順次紹介していきました。まだまだ大変な時期は続きますし、リモートワークも継続される方が多いと思いますが、その中でもこの記事がお役に立てたら嬉しいです。