【旅行体験記】イスタンブール新市街を1日で巡る!一人旅のためのおすすめスポットについて【効率よく旅行する】

ヨーロッパとアジアの文明の交差点であるイスタンブール。そんなイスタンブールは古代より文明の発祥地として繁栄した「旧市街」と近代に開発が進められるようになった「新市街」とがあります。

ついイスタンブールというとアヤソフィア大聖堂(ハギア・ソフィア大聖堂)やトプカプ宮殿などの「旧市街」がメインとして特集され、日本人にとっては新市街をしっかりと回ることは少ないと言われています。

しかしどちらもそれぞれにしかない魅力がたくさんありますし、新市街はヨーロッパの影響を強く受けているだけあって、建物や街並みが整備され洗練されているという特徴があります。

 

 

今回私は地中海の国々を旅行してきましたが、その中でイスタンブール新市街に関しても1日かけて様々な観光スポットを訪れましたので、訪れたスポットである

  • ガラタ塔
  • イスティクラル通り
  • タクシム広場
  • ドルマバフチェ宮殿

について紹介したいと思います!

旧市街についても過去記事でおすすめスポットや旅行のためのコツについて書いているので、ぜひチェックしてみてください。

【旅行体験記】イスタンブール旧市街を一日で巡るためのおすすめしたいモデルコース、スポットやホテル、お土産まで。【効率よく旅行する】

イスタンブール旧市街から新市街へのアクセス

まず私は旧市街にホテルをとっていたので、新市街へと向かいました。

旧市街と新市街はそれぞれボスポラス海峡を挟んで向かい合っており、距離としてはそこまで遠くありません。

行く方法としては二つあって、

  • 徒歩で行く場合→エジプシャンバザール付近からガラタ橋へ向かい、ガラタ橋を歩いて新市街へ向かう
  • 地下鉄「テュネル」で行く場合→旧市街「カラキョイ」駅から新市街「ベイオール」駅行きのメトロに乗る。運賃は5TL。

特にこの地下鉄「テュネル」は世界一短い地下鉄として知られており、600メートルしかないそうです。私は新市街から旧市街へ戻る際に乗ってみましたが、ものの2分ほどで到着してしまいました。せっかくなので乗ってみるのが良いと思います。

私は新市街へは歩いて向かいました。少し曇っている日でしたが、ガラタ橋では釣りをする人がたくさんいて、彼らを横目にボスポラス海峡と遠ざかる旧市街の「ブルーモスク」や「スレイマニエジャーミィ」をみながら歩くのはとても気分が良いので、行きと帰りで徒歩・電車のどちらも体験するのがおすすめです!

 

ちなみにガラタ橋の下には飲食店が多く並んでおり、トルコのB級グルメとして名高い「サバサンド」もここで食べることができます。

サバサンドは有名ですが意外と売っている店を探すのが難しいので、ぜひガラタ橋の下で腹ごしらえして新市街へ向かいましょう。

ガラタ塔

新市街に到着してから私はまずガラタ塔へ向かいました。ここは中世の時代から囚人の監視塔などに利用され、現在は新市街随一の観光スポットとして中に登ることができます。

ガラタ塔の展望台からは旧市街と新市街を一望することができ、壮観です。入場料で25TL取られますが、その価値はあると思いました。

塔の上ではレストラン、カフェがありました。窓際でも空いていたので、窓際に座りつつ景色を眺めるのも良いかもしれません。

付近にはおみやげ屋さんが並んでおり、このあたりから建物もヨーロッパのような建築物が増えてきます。

イスティクラル通り

新市街一の繁華街です。新市街の中心となる「タクシム広場」とガラタ塔を結ぶ通りで、欧米の有名なブランド点やカフェがずらりと並んでいます。

最近トラムが復活したそうで、乗ってみました。赤くて1両しかない小さなトラムでしたが、とても可愛かったです。

日本未上陸ではあるもののヨーロッパでは有名なブランドも多く出店しているので、ぜひみてみると良いと思います。個人的にはフランスのプチプラコスメ「YVES ROCHER」やイタリアのコスメ「KIKO」スペインのファストファッションブランド「MANGO」が好きなので、これらの店でウィンドウショッピングを楽しみました。

ちなみに私が旅行した際は大統領選を巡る紛争の影響を受け数日前にイスティクラル通りでデモが起きたばかりだったようで、軍隊や戦車をちらほら見かけました

どうやらデモが開催されるときはイスティクラル通りを起点にタクシム広場まで行進するのがデフォルトのようです。

 

イスティクラル通りにはホテルがたくさんあり、新市街の観光にはぴったりです。掲載件数の多いBooking.comから探すのがおすすめです。

タクシム広場

タクシム広場は新市街の中心となる広場で、新市街の道路はタクシム広場から放射状に広がっているのが特徴です。

広場の中心には、トルコ建国の父ケマル・アタテュルクをはじめとするトルコ共和国建国の記念碑があります。

この付近にはケバブ屋さんが多いので、どこかでケバブを食べるのもおすすめです。私はここで戦車を横目にケバブを食べました。

ドルマバフチェ宮殿

個人的には新市街で一番オススメしたいスポットです!

ドルマバフチェ宮殿はオスマン帝国のスルタン・アブデュルメジトによって建設された壮麗な宮殿で、トルコ共和国に入っても長く大統領府として利用され、外交上も要人をもてなす際に使われました。

宮殿の敷地内のシャンデリアや絨毯といった品々は全て当時の最高傑作を世界中から集めてきたようで、シャンデリアには全部バカラ製のもので、非常に美しかったです。

また宮殿内のトルコ建国の父ケマル・アタテュルクの最期の場所にはトルコの地元の方が多く集まっていました。

宮殿の他にも敷地内にはハーレム、時計塔、時計博物館、ガラスミュージアムなどがあり、全てを回ると半日以上かかりますがその価値はあります

行きたかったものの断念したスポット

以上のスポットを巡りましたが、残念ながら時間の都合で回れなかったスポットがいくつかありました。

例えばルメリ・ヒサル。ビザンツ帝国を攻撃するためにオスマン帝国のスルタン・メフメト2世が建築を命じた要塞です。ボスポラス・クルーズで全体をみるもよし、内部からボスポラス海峡やアジア側を眺めるもよしの名スポットらしいのですが、私が行動の拠点としていたイスティクラル通りからはやや離れており行くことができませんでした。タクシム広場から3~4キロ離れていて、タクシーでなければ個人で行くのはやや難しいように思われましたが、行きたかったなあ…

また新市街で有名なエリアとしてオルタキョイがあり、ここはボスポラス海峡に面しており海峡を眺めながらショッピングを楽しむことができます。

特に新市街のイスティクラル通りや旧市街のグランドバザールとはまた異なった趣があるそうで、行ってみたかったのですがこちらも時間の都合により断念。行かれた方ぜひコメントか下のボタンからシェアしてコメントください。

今回はイスタンブール新市街について自分の体験を元におすすめスポットをまとめました。もしよかったら下のボタンからシェアしてくれると嬉しいです!