最近の大学生のテレビ事情とは?

昨日、30代の方に「今の若い子ってテレビ見ないってほんと!?」と聞かれたので、今の大学生のテレビ事情について書いてみようと思います。

テレビを見る頻度について

さて、まずテレビを見る頻度について。すなわち「家の中でテレビの前に座ってテレビ見てたり、家事のBGMにテレビを流したりする時間」ですが、これは毎日見ている人は非常に少ないと思います。これには理由がありまして、今の20代にとっては

  1. テレビは(良い悪いはさておき)後から動画サイトに上がることがあり、そちらで見れば広告も飛ばせるので、そもそもテレビをつけて家の中でテレビをわざわざつけて見る必要がない
  2. 後述するようにYoutube、Amazon Primeのようにスマホで見られる動画媒体が増加しているためそもそもテレビで放映される内容自体にあまり興味がない(M1や乃木坂と言った”共通認識”になっている番組はあれど、ニュースやバラエティに魅力的と感じるものが減っている)

と感じているわけです。あくまでも私の周辺での話ですが。

ただその中でもそれなりに若い人が好むテレビはあって、例えば

  • 去年ブームだった「逃げ恥」
  • 水曜日のダウンタウン
  • 『乃木坂工事中』→『欅って、書けない?』の連続視聴
  • アニメ(特に深夜アニメ)

なんかは私の周りでも結構見てる人が多いですね。より敷衍して言うと、

  • キャストやストーリーで話題性を作り、差別化に成功したドラマ
  • 人気のアイドルやタレントを起用したコンテンツ性の高いバラエティ
  • アニメ

なんかはまだテレビでも見る人がいるなとは思いますが、逆に言えばそれ以外のバラエティについてはあまり見なくなっていることが多いです。

ちなみにTwitterでアンケートを取ってみましたが、私のフォロワーの約6割の方はテレビを週に1回しか見ないor全く見ていないという結果になりました。(週に2回以上見ている人の中で具体的な頻度まで調べればよかったなあと若干後悔…。)

テレビを見ないなら何を見るのか?

では若者がテレビを見なくなった時間に何を見るようになったのか?と言うと、これはもうSNSと動画サイトであることに異論はないでしょう。より具体的に見ていきます。

SNS

  • Twitter。何よりも情報の流動性が高く、これだけで一日潰せます。私のいるITベンチャーの業界人は個人の名前を出してTwitterを採用手段やマーケティング手段としても活用しています。
  • Instagram。若い女性が中心で、女性もののブランドやモデル、タレントさん、インフルエンサーの写真を見たり保存したりします。
  • Tiktok。中高生向けのダンスSNSです。最近InstagramよりTiktokの方がアクティブユーザーは多くなってる印象です。あくまで主観ですが。

ちなみにみなさんご存知の実名SNSの先駆けFacebookですが、IT業界の人とオジサン以外は全然見ないですね。若い人はSNSならもっぱら上の3つじゃないかな?私もTwitterで自分が開催するイベントの宣伝したり、仕事を受けたりしています。

動画サイト

1.AbemaTV

サイバーエージェントが提供しているテレビ番組で、アプリをインストールすれば簡単に見られます。地上波では放送できないような内容(セクシー女優が出てきたり、唐沢貴洋弁護士と元2ちゃんねる創始者ひろゆき氏のバトルなど)を無料で視聴することができます。

2.dTV

ドラマだけでなく漫画やアニメもあるし、韓流ドラマなんかも見ることができますね。

【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

3.Netflix

海外ドラマを見ることができます。下のPrime Videoと両方を暇つぶしに見ている人が多いです。

4.Amazon Prime Video

こちらも海外ドラマや映画を見ることができます。もちろん日本のコンテンツもあって、有名どころでは一人の男性を20人の女性が奪い合う「バチェラー・ジャパン」シリーズが有名ですね。

5.ニコニコ動画

最近はプレミアム会員を解約する人が多かったりしますし、Youtubeを見る人が増えてきていますが、まだ生放送などのためにアカウントは持っている人はそれなりにいます。ゲームの実況が伸びがち。

6.Youtube

そしてご存知Youtube。大学生にとってはテレビに出てくるタレントも見るけど、Youtuberの方がよく知ってて、共通認識になっていたりします。最近は課金すれば広告を消せたり、バックグラウンド再生できたりするプレミアムコンテンツも始まったので、ますます見るひと多くなるんじゃないかな。

テレビのコンテンツをYouTubeで後から見ることも多いです。特にYouTubeで見る場合にはCMを飛ばせるため、テレビの前で座って同じ内容を見るよりも早く視聴できるのが魅力のようです。

ここまで現在の大学生のテレビ事情について書きましたが、なんだかんだ「TwitterとYoutubeとアマプラ(Amazon Prime Video)見てたら1日終わった」みたいな人が多いんじゃないかなと思います。私も10月に台風で家を出られなくてやること無くなった日なんかにはPrime Videoでバチェラー2を一気に視聴しました。あとはTwitterやったり、好きな歌手のMVをYoutubeで視聴したり。

30代の方や40代の方にとっては少しびっくりされるかもしれませんが、今の大学生はテレビ全然見てなくてスマホでSNSや動画サイトを見ている時間の方が圧倒的に長いんだよ、ということが伝わるような記事になっていたら嬉しいです。

次回以降もミレニアル世代のライフスタイルについては時々書いていこうと思うので、もしよければ読んでみてくださいね。

ちなみにプライムビデオの登録はこちらからできるのでよければどうぞ!