【旅行体験記】最高の国、ヨルダンの一人旅。オススメの観光スポット、費用、治安まで解説する。

「死海」や世界遺産「ペトラ遺跡」といった魅力的なスポットが多くある中東の国、ヨルダンがあります。

しかし日本人の年間渡航者は7500人と非常に少なく、なかなか個人旅行をする人にとって情報が入りにくい国であることも事実です。

 

私は5月に2泊3日で駆け足ながら、ヨルダンの首都・アンマン、モザイクの街として知られるマダバ、モーゼ最期の地として知られるネボ山、浮遊体験ができる死海、そしてインディ・ジョーンズのモデルとなったペトラ遺跡を旅行しましたので、今回はその体験談をまとめたいと思います。

内容としては以下の通りです。

  • 日程・スケジュール
  • アンマンでオススメの観光スポット
  • 治安、費用、ビザ
  • その他渡航の際の注意点

アンマン以外のオススメスポットに関してはこちらの記事で公開しています。

関連記事:【旅行体験記】ヨルダンで死海、ネボ山、マダバを巡る日帰りツアーに参加してきた【最高の体験】

ヨルダン旅行に必要な日程

私のスケジュールは以下の通りでした。

1日目:アンマン市内観光

イスタンブール 国際空港から、ヨルダン国際航空に16時ごろに到着し、18時ごろに首都アンマンのユースホステルにチェックインしました。

アンマン国際空港。空港内は非常に美しいです。

私が宿泊したのは「Sydney Hotel Amman」。後述しますが非常に柔軟にツアーの手配をしてくれることで評判が良く、宿泊費も非常に安いので、ぜひオススメしたいユースホステルです。

Booking.comから予約することができます。

夜には夕食を食べ、アンマン市内をさっくりと観光しました。

アンマン市内。私が訪れた時期はちょうどラマダン時期だったこともあり、日没前は道路に人が少なかったです。飲食店も全て閉まっていました。逆に夜になると、イフタール(ラマダン明けに神に感謝して食べる最初の食事)のために飲食店がオープンし、一気に街は賑やかになりました。

2日目:マダバ・ネボ山・死海観光

朝8時からアンマン市内にあるローマ時代に建てられたローマ劇場、古くから城砦として利用されてきた「シタデル」を観光しました。

10時ごろからSydney Hotel Ammanで予約した「マダバ」「ネボ山」「死海」を一気にまわるツアーに出発しました。

11時ごろから1時間ほどかけてマダバ街を、13時ごろから2時間ほどネボ山をみて、その後2時間ほど死海に滞在しました。

夜はアンマン市内に戻り、市内を観光しました。

3日目:ペトラ遺跡観光

3日目は宿をチェックアウトしペトラ遺跡へ。

ペトラ遺跡はアンマン市内からやや離れており、片道3時間かかりました。その後ペトラ遺跡を1日かけて観光し、そのまま夜にイスラエル行きの飛行機で出国しました。

関連記事:【旅行体験記】ヨルダンのペトラ遺跡を観光してきた。【インディ・ジョーンズのモデル】

ご覧のようにかなりのハードスケジュールですが、ヨルダンの旅行はペトラ遺跡のように歩く距離が多い場所を巡る上、日本からの直行便がないので弾丸旅行は個人的にはオススメしません。

今回私がヨルダンを2泊3日という短い期間でまわれたのは、日本からの往復ではなく中東を周遊している最中にヨルダンに立ち寄ったこと、ヨルダンとセットで旅行することが多いイスラエルに陸路ではなく空路で入国することにより時間を節約できたことが理由です。

このような理由から日本からの往復でヨルダンを旅行したい場合、スケジュールとしては少なくとも5日ほどあると無難かなという気がします。

関連記事:【女子一人旅】中東諸国とギリシャを巡る文明の旅!トルコ、ヨルダン、イスラエル、ギリシャ、エジプトに行く方へ。

では以下でアンマン市内でオススメの観光スポットについて書いていきたいと思います。

アンマン市内でオススメの観光スポット

ローマ劇場

ローマ時代の皇帝・アントニウス・ピウスの時代に建設されたヨルダン最大の劇場です。

入場料は1JOD(ヨルダンディナール。1JOD=150円)。

円形の劇場は、上に登って写真を撮影することもできます。ヨルダンにまで劇場があるという事実が、ローマ帝国が当時地中海で持っていた影響力をうかがわせるものになっていると思いました。

美しい建築物で、当時の建築技術の高さがしのばれます。

シタデル

私がヨルダンの滞在で一番面白く興味を持てたスポットです。

シタデルとは「城塞」の意味です。7000年以上前から人間が居住していたとされており、世界でも最も古くから人間が住んでいた場所として知られています。

実際にシタデルにある博物館では、青銅器から鉄器時代、ヘレニズム時代、ウマイヤ朝やビザンツ帝国時代に到るまでの様々な遺物を見ることができ、世界史のダイナミズムを一度に感じられます。

ローマ時代に建設されたヘラクレス神殿が有名ですが、それ以外にもその辺りに転がっている石にも2000年の歴史があったりします。歴史のロマンを大いに感じることができるスポットです。

また丘の上にあるため、シタデルからはアンマン市内を一望することができます。大変美しい眺めでした。

レインボーストリート

アンマンのメインストリートです。

写真からではわかりづらいのですが、オシャレなカフェや高級住宅や外資ホテル、各国の大使館などが位置しており、洒落て洗練された雰囲気を楽しむことができます。

ヨルダンの治安、予算、ビザ

安定した治安

中東というと一緒くたに治安が悪い、というイメージを抱かれがちですが、ヨルダンは治安としては非常に安定しています。

夜に女性が1人で街を出歩いていても大丈夫です。もっともゆるいイスラム教として知られているトルコと異なり、がっちりとしたイスラム教の国ですので、女性の方は派手な格好は控えた方が良いかもしれません。

またツアーガイドやホテル、店の方々は英語が通じますが、地元の人々には英語が通じないこともありますので注意。

ただヨルダンの方々は本当に優しく穏やかな人が多いです。

私の滞在中は中東のラマダン月で、人々は日中水と食料を一切断ち、夜には家族で盛大にお祝いしながら晩御飯「イフタール」を食べる、という期間でしたが、1日目の夜に私が1人でレストランに入ったところ近くにいたご夫婦が一緒にと食事に誘ってくれました。

奥様の方とは同い年ということがわかり、ガールズトークに花を咲かせました。英国文学を専攻していたとのことで、非常に流暢な英語で一つ一つの料理について教えてくれました。

その後アンマン市内を案内してくれたり、ヨルダンの風習を教えてくれたりと本当に温かかったです。

ペットショップ内で猫ばかり売られている理由を聞いたところ、「イスラム圏では犬は不潔とされ、猫を飼う人が多い」とのこと。同様の理由で猫以外にインコなどの鳥類を飼う人も多いそうです。

また2日目にシタデルを観光している時も現地の子供達に話しかけられ、一緒に写真を撮ったりしました。日本人が珍しいようとのことでしたが、このように人々は気さくに話しかけてくれますし、街の雰囲気も落ち着いています

かといってトルコやエジプトと違い、人々がむやみやたらと声をかけてきたり、馴れ馴れしいわけではないので、日本人にとっては気楽かもしれません。

ヨルダンの物価は高い

街は過ごしやすい一方で物価は高いです。

ヨルダンの通貨、JOD(ヨルダンディナール)は1JOD=150円ほど。ペットボトルの水1本が2JODするような店もあり、場所によっては日本より物価の高い商品も多いです。

また日本円を持っていっても換金する場所がないため、ドルを多めに持っていき空港で両替するか、クレジットカードでキャッシングする必要があります。

ドル払いができる店も多いので、その意味でもドルは少し多めに持っていった方が良いかもしれません。

ヨルダンは入国経路によってはビザが必要になる

ヨルダンに入国する際は空路と陸路とがありますが、いずれの場合もビザが必要です。

空路であれば空港でアライバルビザを発行してもらえますので、日本で特に準備することはありません。しかし陸路でイスラエルから入国する場合、特に「キング・フセイン橋」から入国する際には渋谷にあるヨルダン大使館で渡航前にビザを発行してもらう必要があります。

キング・フセイン橋ではヨルダンとイスラエルが領土問題を抱えており、双方が領土として主張している関係で、「キング・フセイン橋はすでにヨルダン領土内である」というのがヨルダン政府の見解です。ゆえに他の入国では可能なアライバルビザはここでは入手できず、事前に日本で準備して行かないと入国できません。

キング・フセイン橋からの陸路での入国はヨルダン入国方法としてはポピュラーですが、もし検討されている方は必ずビザを取得する必要があります。

なおビザの取得自体は申請に1日、出来上がりに2日ほどあれば十分です。

渡航の際の注意点

ヨルダンには地図がない

ヨルダンを旅行する際に気をつけねばならない点です。ヨルダンには正確な地図がなく、ヨルダン人も地図を見ません(私は食事をご馳走してくれたご夫婦に流暢な英語で「We don’t trust maps」と言われました)。

私が宿泊したユースホステルSydney Hotel Ammanでは航空写真のマップをくれたのでそれを使って行動しましたが、基本的には場所と感覚に特に気をつけた方が良いです。

空港から市内に向かう交通機関の選択肢がない

アンマン市内に向かう際にもっとも注意せねばならない点です。

アンマン空港から市内の中心部に向かう交通機関はありません。鉄道はもちろんのこと、バスもほぼありません。

バスは一応アンマン市内に向かう路線がありますが、ダウンタウンの中心部には行かず乗り換えが必要になります。乗り換え場所も非常にわかりづらいので個人的にはタクシーかUber、Careem(中東版Uber)を利用するのが良いと思います。

私は宿泊先が空港との送迎サービスを提供していたので、25JODを払いこの迎車サービスを利用しました。タクシーより安く、ぼったくりもないので安心です。

少人数旅行・一人旅ならホテルはSydney Hotel Ammanがお勧め

ここまでヨルダンの首都アンマンの観光スポットや治安に関してまとめました。最後に宿泊先についてまとめたいと思います。

私が宿泊したのはSydney Hotel Ammanです。個人的にはコストパフォーマンスが非常によく、個人旅行にはもってこいの宿だと思いました。

以下簡単によかった点をまとめています。

ツアー・迎車が手配できる

他の宿泊客との合同ツアーや、人数に合わせたレンタカーなど、好きなツアーをアレンジできます。ヨルダンは鉄道がなく基本的には移動手段が車しかない上、日本人が少なく日本語のツアーもあまり多くないです。

一応ペトラ遺跡など欧米に人気のスポットがあるので、英語ツアーであればそれなりにありますが、やはり価格が高いのと1人で参加する場合には「お一人様料金」として複数人で申し込む場合の1.5~2倍の費用がかかることが多いです。

しかしSydney Hotel Ammanのツアーでは他のゲストと一緒のツアーを手配してくれたりするので価格も安価です。私はルーマニア人のカップル2人と3人のツアーでマダバ・ネボ山・死海を回りました。

このようにツアーをアレンジしてもらえるのはとても便利です。

また前述したように空港との往復サービスがあるのも魅力です。

ダウンタウンに近い

ヨルダンは中東の中では比較的治安は安定しており、安全ではありますが、それでもアンマンは深夜かなり人気がなく暗いです。その中でもこの宿は坂を降りて5分歩けば明るいメインロードに出ます。

メインロードは飲食店やお土産屋がたくさんあり、夜でも比較的賑やかです。私は二日目の夜に複数飲食店を渡り歩く1人くいだおれツアーをしました。

安い

ユースホステルのためとにかく宿泊費が安いです。私が宿泊した際は一泊900円でした。物価が高いヨルダンではありがたいです。

 

Sydney Hotel AmmanはBooking.comから予約することができます。

 

今回はヨルダン、特に首都アンマンでの滞在を中心にまとめました。マダバ・ネボ山・死海、ペトラ遺跡に関してはこちらの記事をどうぞ。

関連記事:【旅行体験記】ヨルダンで死海、ネボ山、マダバを巡る日帰りツアーに参加してきた【最高の体験】

関連記事:【旅行体験記】ヨルダンのペトラ遺跡を観光してきた。【インディ・ジョーンズのモデル】