【女子一人旅】エーゲ海のミコノス島は海と白い建物が魅力的だった【1日で観光】

2019年5月の半ば、私は1人でギリシャの島、ミコノス島を訪れました。

そこは生きててよかった〜!!と思えるくらいの素晴らしい街でしたので、ぜひともこの素晴らしさを書き留めておきたいと思います。

関連記事:【女子一人旅】古代ギリシャ文明ゆかりの地、アテネを1日で効率よく観光してみた

※5月にイスラエルを含めた地中海の国・地域を周遊し、その途中でパレスチナ自治区内ベツレヘムを訪れました。ほかにもトルコ、ヨルダン、ギリシャ・エジプトなどを訪れました。

関連記事:【女子一人旅】中東諸国とギリシャを巡る文明の旅!トルコ、ヨルダン、イスラエル、ギリシャ、エジプトに行く方へ。

 

駆け足のスケジュール

まずこの旅のスケジュールとしては、

  • 5月15日深夜 アテネに到着
  • 5月16日早朝 アテネからミコノス島へ移動
  • 5月17日早朝 ミコノス島からサントリーニ島へ移動
  • 5月18日午後 サントリーニ島からアテネへ移動
  • 5月19日 終日アテネ観光
  • 5月20日午後 アテネからカイロへ出発

というかなり駆け足の旅でした。

ミコノス島の観光にかけられる時間は一日しかない中で、どのように主要な観光スポットを回ったのかをまとめていきたいと思います。

アウトラインは以下の通りです。

  • アテネからフェリーでミコノス島へ
  • 絵画に描かれたような白い建物、青い海の絶景
  • おとぎ話に出てくるかのような「カトリミの風車」「パラポルティアニ教会」
  • 山の上から眺める夕陽-180° sunset bar

アテネからフェリーでミコノス島へ

アテネからミコノス島への行き方としては①飛行機②フェリー③高速船がありますが、もっともメジャーなものはフェリーです。

飛行機は最も早く移動できますがミコノス島への発着便が一日中数本しかない上に高価。しかもアテネ・ミコノスとも空港が街の中心部から遠いのがネックです。

高速船も比較的早く移動出来るとはいえ発着場が街の中心部から遠く、値段も飛行機とそう変わりません。

その点フェリーは安価ですし、美しいエーゲ海の島々を眺めながらの数時間の船旅が楽しめることから、多くの観光客にとってはフェリーでの移動がメインです

私も船酔いが激しいため最初飛行機と迷ったのですが、大きなフェリーで揺れも非常に少ないとの事だったのでフェリーで移動することに決めました。

フェリーはこちらのDirectFerriesから予約できます。

様々なフェリー会社がありますが私はオーソドックスなGolden Star Ferries。

船内は大きく広々としており心配していた船酔いは全くありませんでした。

売店で朝食にサンドイッチを購入。

朝7時にアテネのピレウス港を出発し、途中でほかの島々に立ち寄りながらの4時間の船旅でした。

 

絵画に描かれたような白い建物、青い海の絶景

到着してすぐ見えてきたのがミコノス島を代表する白い建物群です。

 

早速荷物をホテルMycocoon Myconosに置き散策に出発しました。

海は透明で、建物は絵画に描かれたように美しいです。

昼食はリトル・ベニス付近で食べました。水の都ベニスのように建物が海にせり出しており、海を眺めながら食事をすることができます。

おとぎ話に出てくるかのような「カトリミの風車」「パラポルティアニ教会」

どちらもミコノス島を代表する観光スポットです。

3つの風車はどれも可愛く、最高のフォトスポットです。

パラポルティアニ教会も美しかったです。中に入れなかったのが残念。

パラダイスビーチ

さらにシャトルバスに乗りビーチへ。

ビーチはいくつかありますが、私は最も有名なパラダイスビーチへ向かいました。

クラブもシーシャもありました。

山の上から眺める夕陽-180° sunset bar

ミコノス島はメインの観光地がミコノスタウンに集中しています。そのため主要な観光地をまわるだけなら半日もあれば足りてしまうのですが、どこもあまりにも美しくせっかくなので山の上からの景色を楽しむことにしました。

Cocoonのオーナーにオススメされたバー 「180° sunset bar」は沈みゆく夕陽と街並みを眺めることができる人気スポットでした。

せっかくなのでハムとチーズを注文し、景色を見ながら一杯。

帰りは舗装されていない道が続く中を歩いてミコノスタウンまで下りました。

パラポルティアニ教会まで戻り、夕日を眺めました。

とても美しくノスタルジックな気分になりました。

ナイトライフと最高の宿Mycocoon mykonos

ミコノスタウンは沢山のクラブがあり、夜になっても賑やかです。

多くの店が深夜までオープンしているので、ナイトライフも楽しめます。

夕暮れのリトル・ベニス。昼間はレストランだったお店がクラブになっています。

 

私もせっかくなのでバーでシーシャを吸って、宿に戻りました。

戻る途中でこんな可愛い階段も。

Mycocoon mykonos はミコノス島でもかなりメジャーなホテルです。

カプセルホテルなのですが1つ1つの部屋がその名の通りコクーンの形をしており、滞在するだけでも楽しいです。

カプセルホテルにもかかわらずシャワールームも常に清掃されていて、髪の毛一本落ちておらずとても清潔でしたし、オーナーも非常に親切でした。私が女子一人旅であることを聞き、観光のためのコツを沢山教えてくれました。

なおかつ観光の中心地となるミコノスタウンの入り口に位置しており、ロケーションも抜群です。

シーズンにもよりますが私はオフシーズンの5月に滞在したため一泊2500円ほどで宿泊でき、コスパも最高でした。

Booking.comから予約することができます。

ここまで私がミコノス島を観光した時のことをまとめました。

ミコノス島はどこも本当に美しくフォトジェニックですし観光スポットも沢山ありますが、なんだかんだで海をずっと眺めているだけでも幸せな気分になれます。

パラボルティアニ教会の前で水平線に沈む夕陽を見ていた瞬間は忘れられないものになりました!

ミコノス島はサントリーニ島に比べるとこぢんまりとしていて徒歩で観光がしやすく、アテネからも近いのでぜひギリシャに行かれる方は訪れることをおすすめします!

サントリーニ島を回った話はこちらからどうぞ。

関連記事:【女子一人旅】ギリシャ・サントリーニ島で見た夕陽は世界で一番美しかった

【女子一人旅】ギリシャ・サントリーニ島で見た夕陽は世界で一番美しかった

 

人気のMycocoon HostelはBooking.comから予約できます。

フェリーの予約はDirectferriesからできます。