なんとなく「仮想通貨は危ない」と思っているあなたに贈る、新しいお金の話。

みなさんこんばんは。ミヤモトです。

初めましての方に向けて私の話をすると、現在都内の大学の法学部で法律を勉強しながら、仮想通貨のリサーチャーとして中国の現状や技術的な課題について調べています。なぜ私が仮想通貨に興味を持ったかはこの記事をお読みいただけると嬉しいです。

さて、私は仮想通貨業界に飛び込むために公務員試験を受けるのをやめ、進路を変えた時に多くの人たちからこう言われました。

  • 「仮想通貨?何それ危ないやつ?」
  • 「仮想通貨は怖いってテレビで言ってたよ。そんなのやって大丈夫?」
  • 「あれよく知らないけど儲かるんでしょ?あなたも投資してたの?」
  • みなさんはどうでしょう?こんな風に思っていませんか?確かに今でも仮想通貨をニュースで聞くのはハッキングや規制などについてであって、あまり良い話で目にすることはありませんよね。

そこで今回は「仮想通貨ってよく知らないけど、危ないんでしょ?」と思っている人に向けて、仮想通貨の技術の部分には触れることなく「実は危なくなくて、仮想通貨業界にいる人にはこう見えているんだよ」というお話をしたいと思います。そのため業界の人からするとかなり雑な説明になると思いますが、そこはどうか大目にみてください。業界の人はブログのブロックチェーンカテゴリから他の記事読んで下さい。

「ハッキングされるから仮想通貨は怖い」という言説の曖昧さ

そもそもあなたが仮想通貨に対して感じている「危なさ」ってなんでしょう?多くの場合「ハッキングとかあるんでしょ?この前も取引所とかいうところが攻撃されてたじゃん」ということではないでしょうか?実際にメディアでも「ハッキングが起きた!だから仮想通貨は危ない!」なんて意見がよく飛び交っています。

しかし、これは「仮想通貨への攻撃」と「取引所への攻撃」という全く異なるものを混同しており、両者は本来別次元の議論であることを見落とした言説です。

そもそも仮想通貨は通貨であり、お金です。そして取引所とは仮想通貨を取引する場所であり、取引所では取引が記録され、仮想通貨が一定額保管されています。この関係は日本円と銀行をイメージしてもらえればわかりやすいかもしれません。日本円という通貨と銀行という通貨の保管場所と同じような関係が「仮想通貨と取引所」の関係ですね。

そう考えた時、取引所のハッキングというのはいわば銀行が攻撃されている状態です。あなたが持っている日本円を銀行に預けていて、その日本円が銀行から盗まれた状態、これが仮想通貨で発生したのが「取引所のハッキング」です。一方で仮想通貨への攻撃とは仮想通貨の送受信やコントラクトの脆弱性を突いたハッキングのことであり、日本円に例えるなら一万円札を火の中に落としてなくなっちゃったとか硬貨を友達に手渡しするときに横から強盗が盗んで行ってしまった、的なノリです。根本から次元の異なる話をしているわけですね。

そしてあなたがもしお金を盗まれないように持ち歩くにはお財布に入れておきますよね。そうすれば財布が物理的に盗まれない限り、お金が盗まれることはありません。

それと同様に仮想通貨についても取引所においておくのでは銀行に預けているのと同じで利便性にも欠けますし、ハッキングの危険にもさらされますから、仮想通貨ウォレットに保管しておけば良いのです。「ウォレット」とはその名前の通り仮想通貨のお財布であり、アプリやブラウザで様々なお財布がリリースされています。日本で有名なものにはWei WalletYenomGincoなどがあります。(ちなみに私は現在このWei Walletを作っている株式会社popshootでインターンしていますが、やはりみんななんだかんだ取引所にお金を預けっぱなしにしていてあまりウォレット使ってないんだなあ、と感じることが多いです。ちゃんとウォレット使おうね…ハッキングされてからだと遅いからね…)

 

仮想通貨は単なるマネーゲームではない

「それで結局仮想通貨で何ができるの?結局今のところなんとなく持ってれば儲かるみたいなイメージしかないんだけど」と思っている人も多いと思います。

確かに仮想通貨には投機的な側面があり、値段の上下の激しさからマネーゲームのように取り扱われることが多いのも事実です。

しかし、仮想通貨の本質はマネーゲームではありません。仮想通貨の本質は「国家が管轄しない形で、我々一般人が自分たちのオリジナル通貨を発行し、新しい経済圏を作り出すことができること」にあります。

仮想通貨は国家が管轄できない通貨です。以前関連記事でも少し言及しましたが、もともとビットコインがリバタリアンによって生み出されたのがその良い例ですね。ゆえに国家によって流通量が調整できないためにこのような価格の乱高下が引き起こされているのが現状なのですが、仮想通貨には本来「これまでには評価されてこなかったものを評価し、新しい価値を生み出すことができる」という性質があり、これは投機的な仮想通貨の購入とこの点は区別される必要があります。

今現在は残念ながら一緒に捉えられているために色々な規制が必要になってきてしまいますが、業界内ではSTO/Utility Tokenについての考え方、まあ要するに両者を区別するための現実的な解決策についての検討が進んでいます。

ゆえに、今後の仮想通貨の値段についての様々な価格予想が巷には飛び交っているものの、両者は今後区別され、投資の金融商品と新しい経済圏における通貨に徐々に分かれていくものと考えられます。

実際に私もビットコイン、イーサリアム、EOS、NEMといった通貨を保有していますが、取引をすることはほとんどなく、あくまでも他の人にイーサリアムで投げ銭をしてみたり、イーサリアムを使ったゲームをプレイするために使ったり(イーサリアムを使って作られたアプリは動かすのに手数料としてイーサリアムが毎回少しずつかかります)、といった「実際に必要になるから」保有する、という形です。そのため今後も値段が上がり儲かったとしても、法定通貨に換金するつもりはありません。

さて、今回は「仮想通貨ってよくわからないけどなんとなく怖そう、危なそう」と思っている人に向けて

  • 「あなたが仮想通貨なんとなく危ない」と思っている内容は、実は「仮想通貨そのものではなく取引所が危ないのであって、仮想通貨を預けっぱなしにするのではなくてウォレットに入れて保管しておきましょうね」という話
  • 今まではマネーゲームで持ってれば儲かる謎のモノだったけど、今後は経済圏を作り出すための本当の通貨としての役割も持つようになっていくと思うよ、という話

の2点を書きました。繰り返しますが本当に業界の人にとっては説明が粗雑だと感じられたと思いますがご容赦ください。これからも「仮想通貨よくわからない」という人に向けた記事を少しずつ増やしていこうと思います。(もしよかったらTwitterもフォローしてくださると嬉しいです。)

ではおやすみなさい!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です