京都の地酒で美味しかったものをまとめた

京都の地酒は飲みやすくて美味しい

今回は私がすごく好きな日本酒が揃っている日本酒の名産地、京都(特に伏見)の酒について自分が飲んだ中で美味しかった日本酒について書いていこうと思います。

京都、特に伏見の酒は少し前までは灘の酒と比較して「伏見の女酒」と呼ばれるくらい、まろやかな水から生まれる飲みやすさが魅力の酒作りがされており、良い酒が非常に多いです。今回はその中でも特におすすめのものをご紹介します。

関連記事

「灘の男酒、伏見の女酒」とは?日本酒の味の違いを楽しむための豆知識。

古都千年(斎藤酒造)

created by Rinker
斎藤酒造
¥5,037 (2019/07/17 09:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

京都を代表する銘酒で、京都駅の中のいたるところで売っています。
ほんのり甘い香りと余韻が特徴です。すごく美味しいし手に入れやすいのでいつも京都に行った時には購入しています。

初心者にとっても飲みやすく、人を選ばないので、お土産にも最適です。

京都を代表する銘酒「玉乃光(玉乃光酒造)」

created by Rinker
玉乃光酒造
¥2,300 (2019/07/17 09:56:09時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも京都を代表する酒として有名です。玉乃光も伏見らしい軟らかな口当たりと甘みが特徴です。

玉乃光は京都内でしか出回らない特別酒が多いので、もし京都に行った時には百貨店や専門店を巡ればレアなものに出会えるかもしれません。

飲みやすさが魅力「聚楽第(佐々木酒造)」

 

created by Rinker
佐々木酒造
¥2,780 (2019/07/17 09:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

聚楽第は数ある京都の酒の中でも群を抜いて飲みやすく、水のようにサラサラと飲めます。しかしその中にもほんのり香る酒の香りと余韻の上品さがあり、さすが老舗の酒造!という感じがします。

唎酒師/利き酒師がオススメするお酒はこれだ!美味しい日本酒をご紹介!

京都では珍しい淡麗「辛口」な酒「西陣(佐々木酒造)」

 

created by Rinker
佐々木酒造
¥2,025 (2019/07/17 09:56:11時点 Amazon調べ-詳細)

聚楽第と同じく佐々木酒造の醸した酒です。女酒と評されることが多い京都の酒の中では非常に珍しい強烈な淡麗さ(酒造自身も「超辛口」を冠しています)が特徴です。

「京都の酒はなんか飲みやすすぎてちょっと物足りない!パンチのきいた酒が飲んでみたい!」とか、ビギナーからさらにもうワンランクステップアップしてみたいと思っている愛好家の方は西陣おすすめです。

真っ赤な日本酒「伊根満開(向井酒造)」

created by Rinker
伊根満開
¥1,790 (2019/07/17 09:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

この日本酒は赤い色をしています。これは古代米と呼ばれるちょっと変わったお米を使っているからで、要するにすごくレアだということですね。

肝心の味はすごく酸味が強くて、爽やかな味わいです。日本酒というよりはむしろ白ワインに近い味がするので、ワイン好きの方にはおすすめです。

通販でも売っているようなのでもし変わった酒が飲んでみたい方はいかがでしょうか?

created by Rinker
伊根満開
¥1,790 (2019/07/17 09:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

月桂冠の頂点を極めた酒「鳳麟(月桂冠)」

created by Rinker
月桂冠
¥2,676 (2019/07/17 09:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

月桂冠のトップオブトップの酒です。

「灘の男酒、伏見の女酒」とは?日本酒の味の違いを楽しむための豆知識。

 

香り高さ、口当たりのよさ、余韻にのこるほのかな米の旨味、米本来の味わいが感じられる味わい、どれを取っても最高です。あると無限に飲んでしまいます。

「月桂冠ってあの全国CMやってるやつでしょ?安っぽい酒なんじゃないの?」と思っている人はぜひこれを飲んでみましょう、月桂冠SUGEEEEってなります。
値段がちょっと高めですが飲み会一回我慢すれば買える額だと思えば飲み会を我慢する気になりますね(個人の意見です)。

今回は京都の地酒を紹介しました、みなさん気になったものなどあったらぜひ一度飲んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です