旅行の際のおすすめの持ち物をまとめた

私は旅行が好きで暇さえあれば旅行に行くのですが、持ち物については何があれば必要十分なのか、いつも迷ってしまいます。そこで今回は自分の備忘録もかねて旅行の際の持ち物について記録しておこうと思います。

必ず持っていくもの

パスポート

必須ですね。更新期限の確認は忘れないようにしましょう。

 ビザ

日本のパスポートは世界的には高級とされているので、基本的にほとんどの国ではビザは要りません。しかしオーストラリアなど一部の国では必要になるので、自分が行く国はビザを取得する必要があるのかどうか事前に余裕を持って確認しましょう。

ちなみに私はシドニーに旅行に行く当日にビザがいることを知って絶望した記憶があります。幸いなことに当日の朝オンライン上で一時間で取得できたので事無きを得ましたが、シンガポールのように取得に時間がかかる国もありますので、くれぐれも渡航前のチェックを忘れないようにしましょう。

着替え

日程に合わせて持っていきましょう。トップス、ボトムス、インナー、また機内が寒いことがあるのでカーディガンなど羽織れるものがあるとなお良いです。

折り畳み傘・折り畳み洗濯物干し

created by Rinker
エヌケープロダクツ(NK Products)
¥419 (2019/03/22 19:56:15時点 Amazon調べ-詳細)

こういうやつです。インナーや靴下を洗って干す時に必要になります。

歯ブラシ、アメニティ

海外のホテルだと歯ブラシがないことがあるのでマイ歯ブラシは必須です。アメニティも同様です。何よりヨーロッパに行くためのトランジット、アメリカやカナダに行く時の長距離飛行で飛行機内宿泊するときには必ず使います。

変圧器

持っていかないと現地で電子機器の充電ができず悲惨なことになるので必ず事前に買いましょう。マルチなものを一つ持っておくと地域や国によって買い直す必要がなくお得です。

created by Rinker
関三商事
¥520 (2019/03/22 19:56:15時点 Amazon調べ-詳細)

こういうやつですね。

電子デバイス用の充電器

複数をフル充電で持っていくのが望ましいです。

海外用Wifi

レンタルWifiです。海外でGoogleMapや翻訳アプリを使うとき、ネットに接続するときに必須です。
基本的には空港での受け取りになりますが、当日に借りようとしてもその場で受け付けてくれる会社はほぼないです。大体の会社は1日前までにネット上での予約をする必要があるので、こちらを優先しましょう。

VISAとMastercardのクレジットカード

現金不可のエリア(中国沿岸部など)では現金を出しても受け取ってもらえません。中国人は皆Wechat、Alipayというモバイル決済を使っていますが、これは中国に銀行口座を開設しなければ中国国外で使うことができず、不便ですので、クレジットカードを持っていくのが一番無難でしょう。

この際JCBのカードは海外では使えないところが多いです。欧米にしろアジアにしろ最も使用されているブランドのVISAとMastercardのどちらか(あるいは両方)を持っていくのが良いでしょう。

あったほうがQOLが上がるもの

Kindle

飛行機に乗っていて機内モードに設定されたスマホがお留守番の時にこそKindleならたくさん本を読めますね。私はビジネス書は普段よりは飛行機内で一通り目を通すことが多いです。ブロックチェーンのことを考えている時よりも気楽に読めるので…

created by Rinker
Amazon
¥17,980 (2019/03/22 19:56:15時点 Amazon調べ-詳細)

私はこのPaperwhite版Kindleが最も目に優しく値段と性能のコスパも良いと思います。愛用しています。

日本食

これはもう完全に好みによります。日本食大好き!味噌汁最高!梅干し最高!なんて渋い味覚の持ち主は多分欧米で3日パスタを食べるだけでツヤツヤ白米が恋しくなると思うので考えつく好みの日本食を持って行った方が良い気がしています。

アイマスク、ネックピロー、耳栓、スリッパ

これは機内で快適に睡眠を取るために必要です。特にLCCに乗っていて座席間が狭い時などは重宝します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です