中国の方言まとめ。北京語、普通語、上海語、広東語の違いとは?

今回は中国の方言についてまとめていきます。

中国は国土が非常に広く、地域によって歴史、文化、使用する言葉も様々です。今回はそんな中国で話されている方言について、

  • 北京語
  • 東北語
  • 上海語
  • 広東語

を中心にまとめたいと思います。

「中国語」の一括りでは中国の言語を語れない

よく「中国語ネイティブなの?」みたいな質問を受けるのですが、一口に中国語と言っても地域によって話されている言葉は全然違います。日本で例えていうなら沖縄の方言と関西弁並みに言語が違ったりします。だからみんなこの記事で「へ〜!中国語って色々種類あるんだね〜!」って知ってくれたらとても嬉しいし、多分その理解があるだけで中国人みんな喜んで話聞いてくれると思います。

それでは以下順番にどのような方言があるかみていきましょう(少数民族の方言は抜いてあります。)

北京語(普通话)

中国語の中でも標準語と呼ばれる言語です。大学生が第二外国語で習うのは例外なくこれですし、「中国語話せるの?」みの「中国語」も基本これ。
同じ発音でも4種類のアクセントによって漢字や単語を使い分け、舌を巻く発音(Zh,Sh,Ch,r)を強く発音するのが特徴です。

日本人が中国語を勉強する時に発音が難しいと言いがちなのはこの舌を巻く発音が日本語にはないからですね。

私はこの本から中国語の文法の勉強を始めました。日本語なしで解説まで全て中国語です。

東北語(东北话)

吉林省(長春、大連のあるエリア)のような北京より北の地域の方言です。
細かい発音やアクセントの違いを除いて基本的な発音は全て北京語と同じです。日本語で言ったら名古屋弁と標準語くらいです。

上海語

上海エリアの方言です。日本でいうと東北地方のなまりくらい強烈なので標準語しか話せない中国人には全然伝わりません。文法と使う文字以外別言語だと言っても過言ではないです。

広東語(广东话)

広東省から香港エリアにかけての中国南方エリアや東南アジアの一部で話されている言語です。もうこれは中国語の方言というよりも全く違う言語だと思ったほうがいいです。文法は同じですが文字も中国で標準的に使用される簡体字ではなく「繁体字」のこともありますし、成立が北京語とは違う言語ですので沖縄の方言やアイヌ語と同じだと思っておくといいです。前にあったマレーシア人が「中国語と広東語、英語の3か国語話せます」と言っていたのが非常に象徴的だと思います。

広東語の中でも口語のことは「粤语(Yue yu・日本語だとユ↓エ・ユー)」と呼びます。
ちなみに香港を「ホンコン」と呼ぶのも広東語です。(北京語だと「シャンガン」)。

今回は中国の方言について書きました。中国には色々な言語や方言があるんだな、と思っていただけたら嬉しいです。

過去に中国・広東省の文化について記事を書いたので、よければこちらもどうぞ。

中国・広東の「早餐」とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です