最大の闇Web「Silk Road」と仮想通貨

前回の記事で闇Webと仮想通貨の密接な関係について書きました。今回は最大の闇Webであり、仮想通貨の資金洗浄の危険性を考えるきっかけともなった事件「SIlk Road」について説明したいと思います。

www.yamato0506.info

Silk Roadとは何か

オンラインの闇市場

Silk Road とは、「Dread Pirate Robert(DPR)」なるハンドルネームの人物によって運営され始めたとされるオンラインの闇市場です。数百人の麻薬販売業者やその他の不法な業者によって、違法な薬物やその他の不法な商品や人身取引等を含むサービスを 100,000人以上の購入者に販売し、数億ドルにもおよぶ巨額の取引が行われていました。
そしてその唯一の支払い方法としてビットコインが指定され、Tor ネットワークによって通常のアクセス方法ではアクセスできないよう遮断されていました。この辺りは前回の記事に詳しく書いてあるので、まだお読みで無い方はこちらからお読みください)。

Silk Roadの摘発

このようにビットコインの匿名性と Tor
ネットワークを利用して巨額の資金と違法取引が横行していた Silk Road でしたが、最終的には、2013 年 10 月にサイトの創設者と考えられる Ross William Ulbricht(ウィリアム・ロス・ウルブリヒト) が FBI に逮捕され、彼自身が保有していたとされる当時のレートで約 28 億円相当の 144,000BTC もFBI に回収され、サイトは閉鎖されました。

Ulbricht 自身には 2015 年 5 月 29 日、マンハッタンの連邦地方裁判所で 7 つの罪状による仮釈放なしの終身刑が言い渡されました。ちなみにニューヨーク州は2007年以降死刑制度を廃止しているため、この判決は事実上の極刑です。

FBIは匿名性をどう突破したのか

困難を極めた捜査

FBIによる捜査は困難を極めたものでした。通常ネットプロバイダは IP アドレスから割り出されるものですが、Tor は複数のノードを重ねてその IP アドレスを隠してしまうために、FBI は発信元を特定することができなかったのです。一応FBIはSilk Roadへの潜入捜査を試みてはいたようで、捜査官の一人が Ulbricht に接近しメールをやりとりする関係には至ったものの、決定的な証拠の不足によってそれ以上の進展は見られませんでした。さらに Silk Road のサーバは複数国に存在し、ユーザーと管理者を保護するための仕組みであるTumblerを採用していたことも、捜査の困難性に拍車をかけていたのでした。

捜査範囲の拡大

ではこのような匿名性に基づく困難な事件をどのようにFBIは摘発し、ウルブリヒトを特定するに至ったのでしょうか?

実は Ulbricht の弁護人 Deralel によれば、なんとFBI の調査官は Silk Road に関してアイスランドのサーバーにまで捜査範囲を拡大していたようなのです。

これはどういうことかというと、FBIはシルクロード利用者が偶然にも誤って流出させたIPアドレスを経由してアイスランドのサーバを特定しました。そこで FBI はアイスランドと協力し、そのサーバに保管されていた半年分の取引データを発見し、DPRのIP アドレスを突き止めたのです。(つまりはシルクロード内部のミスが無ければFBIは匿名性を突破できなかったということですね。)

ウルブリヒトの詰めの甘さ

この利用者の IP アドレス流出以外にも、Ulbricht 自身、Torchat を暗号化せずプレーンテキストで利用したり、Google で本名を使用していたアカウントと Silk Road の運営者を意味するDPRとリンクさせていたりといった軽微なミスを犯しており、これらのミスの集積をもって FBI は Ulbricht の逮捕に至ったのでした。

しかし現在でも雨後の筍のようにSilk Roadの後発サイトやSilk Road2.0,3.0などが運営されており、いたちごっこが続いています。

今回はSilk Roadの摘発までを書きました。次回以降でその法的な問題やSilk Roadにまつわるスキャンダルについても書いていきたいと思います。

シルクロード事件とマウントゴックス事件

created by Rinker
¥585 (2018/12/19 01:01:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です