闇Webと仮想通貨

何回かに分けて仮想通貨とマネーロンダリングについての関係を書いていきたいと思います。
私は過去にこの分野について調べ、エッセイを書いたことがあるので、当時調べた内容とエッセイをほぼそのままブログに公開する形で勉強内容をアウトプットしたいと思います。

従来の通貨による取引とは本質的に異なる特長を持つビットコインは、一方でその特徴(すなわち決済が完了したら取消せない(不可逆性)、匿名性、誰で
も利用可能な性質)から、犯罪行為の隠匿に用いられることがあります。今回から何回かに分けてその代表例である闇 Web上での決済への利用について書きたいと思います。

闇Web

現在インターネットの世界は誰もがアクセス可能な「サーフェスウェブ」、検索エンジンでは探し出せない「ディープウェブ」、そしてウェブブラウザではアクセスできず、専用の通信方法によらなければアクセスできない「ダークウェブ(闇 Web)」の世界に分かれています。この闇 Web には犯罪者が跋扈し、覚せい剤や大麻から偽造された身分証や紙幣、児童ポルノ、さらには殺人請負にいたるまで、あらゆる違法な商品が売買され、凶悪犯罪の温床となっています。

Torとビットコイン

Tor

このような闇 Web の拡大 2 つの新技術を用いることでなされてきました。それが Tor とビットコインです。
Tor は「The Onion Router」の略で、闇 Web にアクセスするための専用のソフトウェアです。当初は米国海軍によって開発されたものでしたが、2004 年以降は民間がプロジェクトを支援しました。これは通信をする際に、世界中の有志が運営するノードと呼ばれるコンピュータを玉ねぎの皮のように重ね、このノードを多数経由させ暗号化することで匿名性を確保するシステムです。この Tor の最大の利点として、

  • 通信の暗号技術が優れていて匿名性が高いことと、
  • 独立したネットワークのため外部からの圧力に強いこと

があげられます。そのため当初は迫害を受けていた政治活動家やジャーナリストが利用していたのですが、その高い匿名性に着目した犯罪者により、捜査機関による追跡を逃れるべく多数の違法な財やサービスが持ち込まれ、結果として闇 Web が犯罪の温床となる大きな要因となりました。

この闇Webについてはセキュリティ集団スプラウトによるこの本がおすすめです。

created by Rinker
¥858 (2019/10/20 05:43:11時点 Amazon調べ-詳細)

実際の闇Web上での事例を踏まえた上で、インターネットのプロトコルレイヤーについて詳しくない人にもわかりやすく解説されており、薄めの本なのですぐに読めると思います。(ちなみに作者は今年お亡くなりになってしまったhagexさんです…ご冥福をお祈りします…)

ビットコイン

そしてもう一つの新技術がビットコインです。ビットコインはその性質から主要な決済手段として用いられているのです。

従来の闇市場における主要な決済手段としては「リバティ・リザーブ(Liberty Reserve)」が用いられてきましたが、これはあまりにも犯罪者が多用したために、アメリカの捜査当局に資金洗浄の疑いでサービスを停止されてしまっていました。ほかの電子決済サービスとしてオンラインカジノ等もあったものの欠点が多く、決定的な決済手段としての地位を得るまでには至っていませんでした。しかしビットコインであれば、その匿名性や分散台帳システムに基づき誰でも利用可能なことはもちろんのこと、銀行を使った決済と異なり口座の凍結の可能性がなければブロックチェーンである以上中央政府により取引を止めることもできません。また盗難された口座やアカウントと異なりリスクなしに高い信頼性のあるアカウントを取得し取引ができ、さらに手数料も破格です(現在は高いFeeが必要ですが、当時は非常に安価でした)。

このような特徴から、ビットコインの犯罪者間での需要は急速に高まり、闇 Web における決済手段としての地位を決定的なものにしていきました。そして特に資金洗浄や違法取引に悪用された事例の最たるものが、米国最大の闇Web「シルクロード」を巡る一連の事件シルクロード事件(Silk Road Case)です。

シルクロード事件の摘発までについてはこちらで詳しく見ていきたいと思います。

最大の闇Web「Silk Road」と仮想通貨

 

created by Rinker
¥858 (2019/10/19 18:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です