金沢をもっと快適に観光するためのコツ。おすすめの食べ物、お酒とは?

今回は金沢を観光するためのコツについて書いていきたいと思います。わたしは金沢がとても好きで大学に入ってからは年に1度以上は必ず行って数日かけて観光するのですが、その経験から大学生が金沢を観光するうえで「これを知っていれば旅行がもっと楽しくなる!」といったtipsを書いていきたいと思います。

バスは最強の交通手段

金沢市内は基本的に電車は使用せず、徒歩かバスの移動がメインです。と言うのも地図を見ればわかるのですが、金沢市内は金沢城・兼六園を囲み環状に諸観光地が点在していて、全て市営バスや周遊バスの停留所があります。

なので500円で買えるフリーパスを購入してめぐるといいと思います。これは金沢駅のバスターミナルで購入することができます。3回乗ればもとがとれますし、2停留所間の所要時間は立ったの10~20分です。どんどん使い倒しましょう。

もっともバスは10~15分に一本来るのですが、バスに乗っている時の所要時間も含めたら歩いた方が合理的な場合があるのでケースバイケースです(香林坊-片町間とか)。時間あるしもっと街並みを見て回りたい!という人は、歩いて回ってみるのも手でしょう。

美味しい食べ物がたくさん!海鮮からソウルフードまで

金沢の名物は何といっても日本海でとれた海鮮を使った寿司です。近江町市場や金沢駅で食べられますが、個人的な印象としては、駅内の店はどれも高価なため近江町市場で日中に食べた方が安上がりです。夜に行くと人気のネタは大体もうなくなっているので、早朝がベストですがそれが無理でも日中に行くようにすると良いと思います。

他にはB級ソウルフードとして「8番ラーメン」が有名です。野菜たっぷりでなるとに8の字が刻まれていて、金沢のいたるところにあります。駅にもあって超安いしおすすめです。二郎や家系とはまた違った良さがあるので、こってり系が好きな人も一度食べてみるのをお勧めします。

精鋭が揃った金沢の日本酒

金沢は酒の名所で、石川県最大の酒造「福光屋」をはじめ、全国的に有名な酒がそろっており、そのどれもが非常にレベルの高いものになっています。これについてはまた記事を書こうと思いますので、ここでは簡単にどんなお酒があるか紹介したいと思います。

まずは「福正宗」。淡麗で切れがある酒が多い石川の地酒の中でも、ビギナーでも圧倒的に飲みやすく、おいしさ、種類の多さを考えると初めて金沢で買うなら福正宗一択です。その中でも一番メジャーなのは「銀ラベル」で、辛口だけど飲みやすく値段もお手頃。石川県最大の酒造福光屋の代表銘柄で、金沢市内のどこ行っても売っています(お土産屋やコンビニなど)。

ひがし茶屋街と兼六園の近くの直営店が地域・季節限定酒も含め沢山あるのでお勧めです。試飲もできるので。

他に有名なのは、同じ福光屋の加賀鳶。これもたくさん種類があり、いわゆる「辛口」の酒を好む関東近辺の人には人気なんだとか。

他にも金沢には

  • 香りが高くフルーティな「前田利家公」
  • 酸味が強くコクがある「手取川」
  • かなり切れる淡麗さが特徴の「天狗の舞」
  • 爽やかな後味と淡麗さが特徴の「神泉」
  • 米の旨味がしっかりきいたふくよかな酒の「宗玄」

など、多くの銘酒が揃っています。

今回は金沢の観光に際しての情報を簡単にお伝えしましたが、こちらの記事ではより具体的な観光名所について書いています。

欲張って金沢の観光名所を全コンプしてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です