さらに日本酒通になりたいあなたへ〜季節限定の日本酒を楽しんでみない?〜

皆さんこんにちは。今回は季節ごとに出回る限定酒を紹介したいなと思います。

春なら春の、夏なら夏の、季節にあった料理に酒をチョイスして楽しむことができるのが、日本酒の大きな魅力の一つです。夏にパーティーで淡麗なお酒を花火とともにワイワイ楽しんでみたり、少し肌寒くなった秋に京都で繊細な陶器に注がれた古酒や熱燗を楽しんでみたり。想像しただけで楽しくなりませんか?そのために季節ごとにどのようなお酒が出回るのか、紹介していきたいと思います。

 



新酒

12月を過ぎたころから出回ります。出来立てのフレッシュで香り高いお酒なので、初心者の人でも抵抗感なく飲めると思いますよ。

 例えば新潟県の白瀧酒造のポピュラーな銘柄「上善如水」の新酒。上善如水はその名前の通り、水のように飲みやすいことが魅力のお酒ですので、この新酒も他の新酒に比べると少し飲みやすいと思います。

 

白瀧酒造 新米新酒の上善如水 純米吟醸 瓶 720ml

白瀧酒造 新米新酒の上善如水 純米吟醸 瓶 720ml

 

 

 

初しぼり

新酒とほぼ同じで、その年に初めて取れた酒のことを指します。もっとも、より高品質な新酒を「初しぼり」として出すことが多いようですので、ちょっとリッチな気分に浸ってみたい方はこちらが良いと思います。

 

写楽 純米 初しぼり 720ml

写楽 純米 初しぼり 720ml

 

 写楽は芳醇な味わいと洗練された香りで日本酒愛好家の間では有名ですが、この初しぼりは本当に気品がある味わいで美味しいです。マニアの方、普通の写楽の次にこちらにチャレンジしてみませんか?

 

冷やおろし

秋の限定酒といったらこれ!という定番酒です。冬場に作られた日本酒を、春夏かけて貯蔵し時間の経過で熟成させ、秋口に出荷したものを指します。9~11ごろに出荷されることが多いです。

熟成させた分、飲み口がまろやかで味わいも濃く深みが増しているので、脂ののった料理が多めの秋の食材とはよくマッチしますよ!サバやサンマの味噌煮、こってりしたビーフステーキなんかでも合うかもしれませんので、秋にお店で冷やおろしをみたらぜひ頼んでみるといいのではないでしょうか。

 

真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし

真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし

 

 今回は季節の限定酒について少しお話しました。でも実は日本酒には「作り方の違い」によってプレミアム感が出る限定酒があるので(本当に難しいですよね)、次回以降またそれについても書けたらなあと思います。

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です